« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月29日

バラアイコンなのはA's PORTABLE

まぁ買っちまったわけですよ。
魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE BATTLE OF ACES-

俺は通常版で十分ですが、Amazonには限定版在庫あり(このエントリ記入時点)

でもって帰宅後、PSPの電源を入れ・・・入らねぇ(笑)
ACアダプタつけてしばし放置・・・待ってられるか!とすぐに電源ON!・・・日付&時刻設定orz
まぁ半年くらい眠ってたのかなPSP、当たり前にそんな状態になるよね(笑)

その後無事にプレイしました。
OPのナレーションからイイ話。おまけの肝心の戦闘は、とりあえずヴィータで始めて説明書見ないままのテキトープレイでStage3くらいまでは余裕だった。というかロングレンジでひたすら鉄球打ってたら勝てた(笑)

 投稿者 hash : 16:32 | 固定リンク | コメント (494) | トラックバック (0) | nanohapsp

2010年1月25日

バラアイコン痛iPhoneへの道(碧陽学園編)

airjacket_kurumu0.jpgairjacket_kurumu1.jpgairjacket_kurumu2.jpgairjacket_kurumu.jpg

●今回の教訓

1.転写シートから切り取るときは出来る限り余白を取らない
余白透明だし気にならないだろうと思ったら大間違いで、接着面の凹凸が残ってイマイチな仕上がりに。

2.作業を焦ってはいけない
印刷後の乾燥時間、台紙からはがす時、台紙に含ませる水分量、台紙をはがした後の乾燥時間etc

3.転写シート貼り付け後にマークソフター使ってみる。
転写シートの接着面に結構なムラが生じる→水分量増やしたりソフター利用で改善の可能性あり。

4.Airジャケのカーブしてる部分には極力絵柄を置かない
転写シートの台紙に厚みがあるので非常に貼りづらい。

5.トップコート(光沢)には乾燥後も粘着力が残る
Airジャケの着脱の際に転写シートごと持って行かれそうになった。というか若干はがれた。

実際にやってみて、いろいろと発見がありました。もしかすると、白地の転写シートを使って内側ではなく外側に貼った方が良かったのかもしれない。Airジャケはあと2つ新品あるので気が向いたら試す。

今回痛iPhone化を進めるにあたり参考にさせてもらったのは以下。動画なのでわかりやすいのではないかと。
- iPod Style - ( 痛iPhoneの作り方 )

Airジャケに紙を挟むだけのお手軽痛iPhoneもオススメ

 投稿者 hash : 10:29 | 固定リンク | コメント (18) | トラックバック (0) | iPhone

2010年1月22日

バラアイコンボリューム(BlogPet)

きのうはボリューム変更する?

*このエントリは、ブログペットの「うさはしゅ」が書きました。

 投稿者 hash : 07:25 | 固定リンク | コメント (5) | トラックバック (0) | Usa_hash

2010年1月19日

バラアイコンVoice Band:一人バンド演奏アプリ、しかも使うのは己の声のみ!

楽器なんて弾けませんが朝起きたらiPhoneに入ってました(笑)

voicebandtop.jpg

Web site
http://www.wavemachinelabs.com/voiceband/

紹介記事
Voice Band: 一人でバンド演奏ができて、簡単に曲が作れるアプリ。必要なのは自分の声とノリ!

【速報】 声がバンド演奏になる神アプリ! Voice Band が凄い件

とりあえずHelp読まないと始まらないと思ったので、機械翻訳にhash的解釈を加えて日本語にしてみた。

1.VoiceBandを使うときはヘッドフォンが超オススメ。つか必須。

2.iPhone/iPodに向かって歌え。

3.声が小さい!恥ずかしがるな!

4.VoiceBandはノイズに弱い、静かな場所で使ってくれ。

5.はっきりと歌えばVoiceBandは正確にピッチを拾う。

6.「ラー」じゃない、「バー」だ。

7.オートピッチモードはそれっぽくピッチを修正するが、ミュージシャンなら設定を変更したくなるかもな。

8.iPodライブラリから曲を選べば、それに合わせて歌えるぜ。

NOTE:ボリュームの調節はiPhone/iPod自体のを使ってくれ。んで、いい感じに調整してくれ。

○画面暗くなった?

VoiceBand使用中は、顔でボタン押しちゃうのを防ぐためにセンサーで画面暗くするんだ。センサーは画面左上にある。
※これはiPhone用の措置だな。

○VoiceBandと人の声

VoiceBandは様々な声に対応してるはずだけど、人の声は千差万別。認識させるのに苦労してるならがならずにきれいな声で歌ってみてくれ。
VoiceBandに最適な音域は君の持ってる音域の高い方のだ。

※風邪引いてる時は無理して歌うな、のどを痛めるぞ。というか認識しづらい声なんだ。
※外部マイクは内蔵マイクへの負担が大きいんで、直接内蔵マイクに歌ってほしい。

○レコーダーのこと

VoiceBandは一人で全パートを演奏して楽曲にしてくれるレコーダー。
とりあえず下記読んでおいて。

1.まず楽器をレコーディングする時はレコーダーページ行って赤い録音ボタン押せ。

2.メトロノーム使うなら先にテンポとボリュームを決めてくれ。

3.レコーディングが終わったらメインページに戻って次の楽器を選べ。

4.んでレコーダーページで再度赤い録音ボタン押せ。この時、最初の楽器の音が鳴ってるはずだ。

5.使いたい楽器の数だけレコーディングを繰り返すんだ。

6.あと、楽器のほかに声も録音できるんだ。そのためのボタンが"Mic"な。

出来たら保存だ、あと友人にメールで送ることもできるぞ。
作った曲を聞きたいときは"Speaker"ボタンだ。このモードでは再生押すと必ずスピーカーから音が出る。気をつけろ!

○ドラムのこと

ドラム自身が複数の音を持ってるので、奴らは独特だ。
たとえば"Kick/Snare"はキックドラムとスネアドラムを含む。小さい声ならキック、大きい声ならスネア、のようにな。
同様にハイハットは柔らかい音ならクローズド、大きい音ならオープン、といった感じ。
ドラムの場合、ピッチは無視される。

調整は"Drum Threshold"ページで行う。ドラム音2種の切り替え微調整に使ってくれ。
ただ、どんだけ調節しても難しい時は、"drum threshold control"を片側に目一杯振れば、楽器の固定が可能だ。
キック/スネアと、ハイハットを別録りするってことだな。

○ちょこっとTipsをば

「バー」って歌え。
6inch離れろ。
ドラム演奏ではピッチを無視するので、低音でキック、高音でスネアといった歌いわけができる。
低音は小さく高音は大きく声出すんじゃないかな。

13:13 ○VoiceBandと人の声 「純音を歌ってみてくれ。」を「がならずにきれいな声で歌ってみてくれ」に修正。タカオthanks!

 投稿者 hash : 11:42 | 固定リンク | コメント (48) | トラックバック (0) | iPhone

2010年1月 7日

バラアイコン記事ってどこにあるかな(BlogPet)

うさはしゅは記事がほしいな。
記事ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「うさはしゅ」が書きました。

 投稿者 hash : 07:35 | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック (0) | Usa_hash

« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »