2010年4月 9日

バラアイコンBlogPressからテスト


というわけで、試しに写真をiPhoneで加工して貼りつけてみる。
ガンプラ撮影の為に買ったブースが久々の登場です。

サムネイルのサイズとか画像のリンク先(デフォはフルサイズ画像)を設定できてちょっと便利。
モブログくんはリサイズ出来なくて巨大な画像貼られちゃいましたからね(笑)

あとはカテゴリー指定と画像保存先を指定できれば完璧かなぁ。
もうちょっと他のアプリも探してみよう。
-- Post From My iPhone

 投稿者 hash : 15:28 | 固定リンク | コメント (30) | トラックバック (0) | Mobile

2007年11月 1日

バラアイコンソフトバンクの料金プラン

大規模な料金プランの改訂を行った時に書いたような気もしますが、
良さそうなプランとしてオレンジプラン(X)エコノミーを挙げました。

基本料金が3,969円/月で、無料通話が2,100円(上限6,300円)付いてくる。(以下金額全て税込)
自分割りとかで半額にする事も可能。
MySoftbankで確認したら、俺ってば月に2,000円分も通話してないので結構繰越されてました(笑)

っていうプランがあったんですが、本日11/1から、オレンジプラン(WX)に統合された模様。
まぁauの料金改定に合わせたって事なんだろうけど、基本料金の近いSSプランの無料通話が1,050円(上限5,250円)になってた。無料通話2,100円(上限10,500円)のSプランは基本料金が4,725円。

つーかこれオレンジプラン(W)だな。
(W)をベースに、(X)からデイタイムとキッズ・シニアプランを持ってきたのが(WX)と。
(X)エコノミーの通話料が21円/30秒で(WX)SSと同じ。(WX)Sだと16.8円/30秒。
この差をどう見るかによるけど、基本料の差(756円だけど自分割り使うから半分の378円か)を通話料の差(4.4円/分)で割ってみたら、86分と出た。過去3ヶ月の通話料見たけど1,000円(約25分)越えてない(笑)俺は現状維持でOK、と。

明細見てて再確認したけど、無料通話分に適用されるのは通話とSMSで、パケットし放題の適用がウェブとMMS。SMSをたくさん使う人は無料通話が削られるので注意かなぁ。

 投稿者 hash : 12:45 | 固定リンク | コメント (13) | トラックバック (0) | Mobile

2007年8月 6日

バラアイコンケータイ機種変更【913SH】

そういえば先月末に機種変更して913SH「FULLFACE」になったのでいろいろ弄ってる最中。
ホントは7/31までのキャッシュバックキャンペーンを狙ってショップに行ったのですがFULLFACEを見て一目惚れ(笑)3分悩んだ結果、気に入った機種にするのが一番だろ、と言うわけで決定。

オレンジプラン(X)エコノミー自分割つけました。
今のプラン(なんだっけ、バリューパック?)に一番近いってことで。

んでまぁ使ってるわけですが、思ってた以上にTV見れるんだね、ワンセグって(笑)
番組表から録画予約とかもやってみた。ポケットに入れっぱなしで普通に生活しつつ、の状況でどの程度録れるか試したんだけど、さすがにチョイチョイ画像が乱れてたけど流れはそれなりに追える。ちゃんと録りたい時はアンテナ出して固定してから、って事だね。
当たり前だけど、ネットなんかの動作も前の機種(802SH)なんとよりずっとキビキビしててイイ感じです。なによりFULLFACEの存在感ですよやっぱり。画面でかいのはいいよ。ちょっとボタン小さめになってるからたまに押し間違えるのは愛嬌。親指鍛えます。

あー、不満な点1つあったんだ。クローズポジションでのカメラ撮影で、シャッターボタンがタッチパネルのボタンな事。押す瞬間にしか触れないからさ、微妙にブレる気がするんだよね、あれ何とかしたい。「AV Menu」ボタン使えないんですかねぇ。まさにシャッター、って位置なのに・・・。セルフタイマー使える場面では使えばいいんだろうけどさ。

そんなわけで、おおむね満足して使っております。
まぁ、ケータイ弄ってる時間あったらマナウライの海に飛び込むけどね!

 投稿者 hash : 12:43 | 固定リンク | コメント (8) | トラックバック (0) | Mobile

2007年5月 8日

バラアイコンちょっとした小ネタ

akindoh氏が「FOMA 補助充電アダプタ 01」を紹介してくれてます。
ん?お前ソフトバンクユーザーじゃなかったか?という声が聞こえてきそうです(笑
そしてそのツッコミは正しいです。802SHです。

ケータイ用の各種ケーブルを購入したことがある人なら分かると思うんですが、FOMAの端子とソフトバンク3Gの端子は同じものが使えます。すんごいザックリですが「FOMA&3G用」と「au用」で区別されてますよね、確か。ということはつまり、今回の「FOMA 補助充電アダプタ 01」もソフトバンク3Gで利用可能なのではないか、ということですハイ。

でもって仕様が同じだというサンヨーの「KBC-L1」
以前akindoh氏に借りて試したことがあります。一応充電できてました。
オフィシャルに想定された使用方法ではないので自己責任ってことになるのかな?
ぐぐってみた感じではそれなりに使ってる人いるみたいです。

サンヨー KBC-L1 リチウム電池携帯アダプタ(FOMA用)

「FOMA 補助充電アダプタ 01」はサンヨーのより安くなるんですね。緊急用に買っておくか。

 投稿者 hash : 15:03 | 固定リンク | コメント (18) | トラックバック (0) | Mobile

2007年2月 6日

バラアイコン今回もレッドではなかったかぁ(笑)

毎度おなじみ(?)ソフトバンクの新料金プラン。 今回は「Wホワイト

ホワイトプランのおさらい
* 月額基本使用料980円(税込)
* ソフトバンク携帯電話宛へ1時〜21時までは通話し放題
* ソフトバンクの携帯電話宛へ21時〜1時までは21円(税込)/30秒
* 他社の携帯電話宛へ終日21円(税込)/30秒
* ソフトバンク携帯電話へメールし放題
* 他社とのメールは、3.15円〜210円(税込)

これに、月額980円を追加すると赤字部分が半額になるというプラン。
ゴールド、ブルー、オレンジ、ホワイト、そしてWホワイト。
さぁ、わけわかんなくなってきた。検証はプロに任せましょう(笑)

ソフトバンクの新オプション「Wホワイト」はお得なのか?(デジタルARENA)

結論:オレンジ(X)エコノミーは相変わらず最強

 投稿者 hash : 12:02 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | Mobile

2007年1月18日

バラアイコンホワイトプラン、お前もか

先日書いたシフトバンクの新料金「ホワイトプラン」ですが、仕掛けがありました。
ソフトバンクのホワイトプラン「月額980円」の巧妙な仕掛け【コラム】(IT-PLUS)

すでにユーザーなどのブログでも指摘されているが、同社の割賦販売制度である「新スーパーボーナス」と組み合わせてしまうと、どんなに通話をしなくても、月の支払いが980円ではなく3000円程度になってしまう欠点が見えてきた。

最初からホワイトプラン選ぶ気なかったから検証不足でしたorz
どういう事かというと、

「911SH」の月額割賦金は、24カ月払いの場合、3020円となっている。スーパーボーナス特別割引は、2280円を上限として、割賦金を割り引く。このため、
「基本料金980円」+(「月額割賦金3020円」ー「スーパーボーナス特別割引2280円」)=1720円
 で、月の支払いは1720円となるが、これも違う
 スーパーボーナスの特別割引は月額割賦金ではなく、基本使用料、通話料・通信料、オプションの定額料といった総額から割り引く制度なのだという。基本料金のみで収めようとすると、980円しか割り引きを受けられないことになる。つまり、
(「基本料金980円」ー「スーパーボーナス特別割引980円」)+「月額割賦金3020円」=3020円
 どんなに使わなくても、最新のハイスペック機種を購入すると、このように3020円を支払わなくてはならないのだ。

これまた現場でキッチリ説明しておかないと請求したときに揉めるんだろうな。2280円引かれると思ったのに980円しか引かれてなかったら俺も問い合わせる。多分。

 投稿者 hash : 18:35 | 固定リンク | コメント (470) | トラックバック (0) | Mobile

2007年1月 6日

バラアイコンソフトバンクの新料金プラン「ホワイトプラン」

冗談で「次はレッドじゃね?」とか話したりしてたんですが、ホワイトでした。

このホワイトプランは、月額基本使用料が980円で、1時から21時までの通話はソフトバンク携帯同士であれば無料、それ以外は21円/30秒が課金されるプランとなる。国内通話についてはこれ以外の付帯条件がなく、孫氏は会見で「他社と比べようにも、比較しようがないくらいシンプルで安い」と胸を張った。

ゴールド、ブルー、オレンジと来て、今回のホワイトでシンプルとか言うな(笑)
でもまぁ、企業で営業担当に持たせる分にはいいかもしれませんね。メール使わない事にすれば、S!ベーシックパックとかも乗ってこないし、パケットも関係ない。ホントに980円で社内通話分は賄える。

と思ったけど取引先が他社ケータイだったら意味無いやorz
自社内より取引先との連絡の方が当然多いよな・・・やっぱ家族内だな、しかも

「基本料金が安く、ソフトバンク同士は通話し放題のため、携帯の使用頻度に関わらず選択できるプランだろう。ただし、不特定多数の携帯電話や固定電話に頻繁に電話をかける、営業マンのような方には向かない。その場合はブループランやオレンジプランのLLプランなど、無料通話分が多いプランを選んでほしい。すべては、お客様に喜んでいただきたい、支持していただきたい、ソフトバンクの携帯を使っていただきたい、という思いでやっていること。ホワイトプランは圧倒的大半の方にとって、お得な料金プランだと思う」(孫氏)

って社長も言ってたorz
若い層だと、21時以降の有料時間がネックになるけど、比較的年配の夫婦間なら長電話というよりは簡単な連絡用途が主だろうし、そっちがターゲットか?うちの両親に持たせて様子を見るか?(笑)スーパーボーナス適用でその間は機種変更無し、壊すなよ、ってのが条件になるけど。

ただ、今までケータイ無しで過ごしてきた母親にとっては、月1,000円程度払うよりも、ケータイ無しでも何とかなってるという事実を選ぶかも知れないんだよな。それが一番の難関だな(笑)

 投稿者 hash : 12:08 | 固定リンク | コメント (18) | トラックバック (0) | Mobile

2006年11月18日

バラアイコンそれは不公平じゃないかなぁ、ソフトバンクさん

久々のソフトバンクネタですが、イザ!より

お詫びです…ソフトバンクが料金6日分請求せず 携帯新プラン混乱で
ソフトバンクモバイルは17日、携帯電話の番号ポータビリティ(番号継続制)開始に合わせて導入した新料金プランについて、10月26日から31日までの期間の基本使用料、メール・通話料、ネット通信料を請求しないと発表した。導入当初、店頭での受付で待ち時間が長時間に及び、従業員の説明も混乱したことから「お客さまへのおわびの措置」としている。非請求の対象は9万人、総額5000万円に上る。(ITニュース:イザ!)

まぁ、言いたい事はわからないでも無い。実際現場は大変だったみたいだし。
が、その時期って機種変更を締め出してましたよね。それから報道を見て、「混乱してるし時期ずらすか」って考えて動かなかったユーザーもいると思うんですよね。そういう人たちに感謝の気持ちは無しですか?(笑)お詫びをするなら全てのユーザーに対してというのが筋じゃないかと思った次第です。

あと、9万人、5000万円って言うとデカく見えますが、1人当たりにすると555円です。
だって元々いろんなサービスが無料で始まってるもん(笑)実際には対象期間に使った、定額対象外の通話料くらいじゃないですかね。だから555円なんでしょ、きっと。

ソフトバンク+お詫び+約500円で、顧客情報流出のときの500円思い出したのは俺だけじゃないはず。

 投稿者 hash : 19:09 | 固定リンク | コメント (14) | トラックバック (1) | Mobile

2006年11月 1日

バラアイコンソフトバンクのCM、作り直し

昨日、
公取委:ソフトバンクの「0円」広告を景表法違反で調査 というのを紹介したんですが、早速動きがありました。

ソフトバンクモバイル、「0円」テレビCMを改定──今週末にも差し替え(ITmedia+Dモバイル)
現在流れているテレビCMでは、0円の文字が大きく表記され、どんな条件下で0円なのかという注釈が小さい文字で書かれている。新しいテレビCMでは、この注釈をもっとはっきり分かる形に変えるとしている。新しいテレビCMは、早ければ今週末から流れる予定だ。

だってあのCMじゃ、注意書き読もうと思ったらデジタル放送を高画質で録画して大画面で見なきゃ多分分からないもんね(笑)
新しいCMでどんな演出になってるのか、非常に興味があります。
わっかりやす〜〜〜いのをお願いしますね!孫社長!

 投稿者 hash : 15:19 | 固定リンク | コメント (295) | トラックバック (0) | Mobile

2006年10月31日

バラアイコン「ゴールドプラン」改定。他社への通話一律30秒21円

昨日のニュースになりますけどもいろいろ動いてるので紹介。
昨日はMNP業務ダウン>復旧まで書いてたんですが、その後の会見で発表されたそうです。

ソフトバンクが「ゴールドプラン」を改定──他社への通話を一律30秒21円に
ソフトバンクの携帯電話から他社の携帯電話やPHS、固定電話に電話をかける際の通話料だ。現在は、携帯電話とPHSおよび固定電話向けに、昼間、夕方、夜間、深夜と時間帯ごとに異なる料金体系を採用し、しかも月火水、木金、土日祝日と曜日によって変わる料金体系となっているが、これを11月10日から一律30秒あたり21円に改定する。

下がっちゃったよ・・・みんなで指摘してみるもんですねぇ(笑)

ソフトバンクモバイルの孫正義社長は「時間帯によっては他社より割高な場合があるとのご指摘をいただいたので、他社にかけても割高ではない価格に改定する」と話した。

事前に内部で気付いてないわけがない(笑)
これツッコミ続けたら無料通話もくっついたりして!ヽ( ‘∀‘)ノ

公取委:ソフトバンクの「0円」広告を景表法違反で調査
NTTドコモの中村維夫社長は27日の会見で「広告でゼロ円を強調するが、さまざまな条件が小さく書いてある。フェアなやり方か」と批判している。KDDI(au)も「基本料70%引きの2880円が続けば、実態のない定価9600円に対する大幅な割引価格となり、不当表示の可能性がある」と分析。公取委はこうした指摘を受けて、実態調査に入っている。

確かにゴールドプランの基本料は実態がないな。
それとTVCM。大きく「¥0」が表示されてる下に2行くらい何かが書いてあるけど、うちの37型ビエラでは読めませんでした。あそこに重要な事が書いてあるのに。あ、デジタル放送だと見えるんですか?

 投稿者 hash : 12:18 | 固定リンク | コメント (14) | トラックバック (0) | Mobile

2006年10月30日

バラアイコンソフトバンク、MNP業務再開

連日新聞、テレビに登場するソフトバンク。いい意味でも悪い意味でも。
この週末はバタバタしててあまり情報に触れていなかったので、昨日(日曜)の夜のニュースで知った。

ソフトバンクとのMNP業務再開、ドコモ・auは改善を要求

ソフトバンクモバイルのシステム処理障害により、ソフトバンクとほか2社との間でMNP業務の受付が停止していた件について、3社による協議の上、30日に受付が再開された。

停止してたのね。そりゃあれだけ複雑な料金設定になると、「¥0」を見てショップに行った人への説明もハンパなく複雑にならざるを得ない。出かけた時に、バスがソフトバンクショップの前を通るんですけど、5台くらい停められる駐車場が一杯で、中でも数組がテーブルで説明を受けてました。
たしか店員さん3人だったと思うんで文字通りてんてこ舞いだったんじゃないですかね。それに加えてソフトバンクから転出したい人も事前のアンケートではトップであり、その手続き(こっちはネットでもできる)も相まってシステムダウン、と。

MNPを利用してauに変更したユーザー、6日間で10万件を突破
予想通りと言えば予想通りの結果。顧客満足度がNo.1なわけですからねぇ。

なおドコモでは「具体的な数値の公表予定はないが、全体的な傾向としては転入より転出が多い。ただしソフトバンクモバイルについては転出より転入が多い」とコメント。「今後903iシリーズが順次発売されるにつれて、転入が増えていくのではないか」(広報部)との見通しを示した。

「¥0」ぶち上げて話題を振ってはみたものの、実際に転入には結びつかなかったようで。
今後まだ何か手を打ってくるのかどうなのか。俺的には年間契約の更新月が来年の6月なのでもうちっと様子を見ていようかなぁ、という感じです。

 投稿者 hash : 18:54 | 固定リンク | コメント (534) | トラックバック (0) | Mobile

2006年10月27日

バラアイコンソフトバンクの「¥0」マジック?

¥0」連発で攻勢をかけるソフトバンクですが、
本当にオトク? ソフトバンクの「全機種0円」(ケータイwatch)の記事によると、

新スーパーボーナスでは、従来最初に店頭で支払っていた頭金が0円となり、頭金も24回の分割払いに変更される。このため、店頭で表示されている「頭金0円」の価格表示は、「頭金が0円」というよりも、「頭金も分割払い」という方が正しいだろう。

ということで、安くなったわけではなく、「(最初に払うのは)¥0」というだけのようだ。
これまでにソフトバンクが発表した「¥0」は3つ。通話料¥0、メール代¥0、端末¥0だが、

通話料¥0は・・・
・通話相手はソフトバンクに限る。
・21:00〜24:59は月200分の縛りあり(越えた分は有料)。
・他社ケータイへの通話料はちょい高め。
メール代¥0は・・・
・送信先はソフトバンクのみで、電話番号を使用したSMS、MMSが対象。
・@□.vodafone.ne.jpとか付けちゃうと有料。
端末¥0は・・・
・今回の契約時に払う頭金が「¥0」だが、従来頭金で払っていた分を分割に回すだけなので、支払い総額は変わらない(と思われる)

¥0」のインパクトは確かにでかいが、安易に飛びつかないように注意したい。

以前にもスーパーボーナスの検証をしていた「*翼あるもの*」さんで、今回の予想外割についても検証されています。
ソフトバンク 予想外割の研究(*翼あるもの*)

俺が上で書いた「¥0」の事に加えて、2,880円の基本料について、バリューパックゴールドとの比較をされています。そしてオレンジプラン(X)が熱い事は間違いないみたい。

 投稿者 hash : 15:05 | 固定リンク | コメント (44) | トラックバック (0) | Mobile

バラアイコンソフトバンクの”予想外”

現状、ユーザーだし、気にしていろいろ調べてるからある程度分かるけども、ネットで調べまくったりしないユーザーは絶対理解できてないよ、これ。
ソフトバンクの新料金プランは、“予想外”に複雑(ITmedia+Dモバイル)

予想外割の注意点を挙げると、
1.「端末0円」と発表しているが、「新スーパーボーナスでは端末の頭金が0円になる」というのが実態
2.ソフトバンク同士の通話でも、21時〜24時台は定額ではない
3.メール0円といっても無料なのは、ソフトバンク端末同士で電話番号宛てに送るSMS/MMSだけ(ソフトバンクやボーダフォンドメインのメールアドレスで送受信したMMSは有料)
4.「スーパー安心パック」の契約は、一度解除したら次は1年半先まで契約できない
5.メールやWebアクセスをするには、S!ベーシックパック(315円)の契約が必須
6.請求書の郵送は別途105円
……などが挙げられる。料金プランを説明するのも大変だ。店頭では、ゴールドプラン、新スーパーボーナスについての説明に加え、「スーパー便利パックは最大4カ月無料」「スーパー安心パックは最大3カ月無料」などなどのサービス案内が続く。

ショップのおねーさんの苦労が目に見えるようだ・・・
ひとつ言える事は、月額2,880円で使える状況は、ほぼゼロ。あ、ここにもゼロが!(笑)

んで、調べた結果、今発表されてるプランの中で既存ユーザーが一番使えそうなのはオレンジプラン(X)
auの1XからMNPで移ってくる人向けのプランですが、Softbankでは3Gにも使えるようです。
他社も含め、契約年数が4年以上なら、「自分割」でいきなり最大の52%が適用になります。もちろん無料通話が付いてます。ということで昨日試算した明細を再びドン!

1024Softbank-2

オレンジプラン(X)エコノミー+自分割+パケットし放題で計算。上の金額は全部税別っぽい。
そして昨日の計算は微妙に間違ってるっぽい(笑)
基本料金:3,780×0.48=1,814円・・・(A)
通話料:そのまま、120円・・・(B)
メール:そのまま、111円・・・(C)
パケット通信料:単価が1.6倍(0.05円→0.08円)なので919×1.6=1470円・・・(D)
割引サービス定額料:(B)+(C)で、1,581円?
コンテンツ&オプション:ここは同じにして1,944円
ここまでの合計が6,920円
ここから無料通話分が適用されるのは(B)+(C)+(D)かな?だとすると1,701円か
6,920ー1,701=5,219円 ぉ、安くなった。

でもなんかよくわかんなくなってきたぞ。↑の明細で、赤い部分を足すと5,899円で、通話&メール&パケ部分が無料通話分として引かれてるんだけど、割引サービス定額料ってなんだっけ(笑)デュアルパケット定額しかあり得ないよなぁ。9月は下限の1,000円を越えたからそのまま1,030円なんだろうけど、1,030円を2回取られてるように見えない?そんなことない?

 投稿者 hash : 12:07 | 固定リンク | コメント (14) | トラックバック (0) | Mobile

2006年10月26日

バラアイコン「新スーパーボーナス」は頭金0円の分割払い

なんだかんだでMNPスタートから主役になっちゃってる感のあるソフトバンクが、24日の会見でふせていた「6つ目の予想外」を発表した。

6つ目の予想外は「端末全機種0円」(ITmedia+Dモバイル)

ソフトバンク、「新スーパーボーナス」は頭金0円の分割払い(ケータイwatch)

ということなんだが、よく読むと、どうやら¥0というのは旧スーパーボーナスにもあった頭金のことのようだ。旧スーパーボーナスで頭金払った人キレるんじゃないか?と思ったら、

旧スーパーボーナスを契約したユーザーに対しては、近日中に救済措置として、新スーパーボーナスへ切り替えられるようにするという。ただし、一旦支払った頭金の返還方法など、詳細は未定だ。

返還されるかどうか微妙?
あとは俺の場合で行くと、今契約してる年間割引から新スーパーボーナスに変えた場合、年間割引の解除手数料が発生するのかどうか。更新月は6月だからそこまで待ってるとゴールドプランの70%OFFが無くなって超割高になる。だからそこは我慢して4,200円払えということだろうか。

このほか、継続割引を契約しているユーザーに対しては、新スーパーボーナスを契約すると、継続割引解除料が免除される。

一応こういう風に書いてあるけどちょっと不安。
問題なのは、明朗を謳っている割に、新スパボ契約での端末価格、つまり元々いくらの端末を24回の分割で合計いくら払うことになります、という数字が出てこないこと。
この発表前までのサービスで、俺が905SHに機種変しようとしたときの端末価格の試算は上代72,000円の諸々割引後26,000円。それと比較することができないんですよね、ショップに行けば分かることなんだろうけどさ、行く前に自分で調べたいじゃん。
あ、新スパボの特別割り引き料金を単純に24倍すると、905SHの場合1,580×24=37,920円。これに、ケータイwatchの記事に毎月390円の負担増というのがあるので、390×24=9,360円。いやこれは新規契約の場合か。機種変の場合の負担は分からないままだ。残念ながら破綻orz

えーい、新規契約の場合で計算するしかないのか!2,280×24=54,720円。
これにさっきの9,360円加えて、64,080円なり。これが新スパボにしない場合の端末の定価???まぁ、新スパボ契約すれば、2年間機種変出来ないことと引き換えに9,360円で端末を買ったような感じですかね。
いろいろ調べてると悪くないような気がしてくるんだよなぁ(笑)

といったところでデジタルARENAの徹底検証(後編)をどうぞ!

一番のネックは、他社のプランに存在する無料通話が無い事だと思う。それと、契約当初から負担は減ってるものの割引がMAXで、継続使用のメリットがほとんど無いこと。まぁそこが新しいと言えば新しいんだけども、ユーザーの移動は喚起できない気がする。そのためのブループランおよびオレンジプランと言えそうだ。

1024Softbank

バリューパック(3,900円+無料通話2,000円)
+年間割引(現在25%割引適用中)
+デュアルパケット定額という組み合わせ。

無謀かも知れないが、これをゴールドプランで再計算してみようと思う。
基本料金:2,880円・・・(A)
メール&通話料:半分がソフトバンクとして、231/2=115円・・・(B)
パケット通信料:単価が1.6倍(0.0525円→0.084円)なので919×1.6=1440円・・・(C)
パケットし放題定額料:1,029円
コンテンツ&オプション:ここは同じにして1,944円
ここまでの合計が7,408円
(A)と(B)は下がったが、(C)の部分が1,029円で収まる範囲を越えている気がするからもうちょっと高くなると予想。

結論・・・無料通話2,000円分が無くなった分キッチリ月額の支払いに乗っかってきた(笑)
誰か既存ユーザーがお得になるパターンを教えてください!

 投稿者 hash : 15:09 | 固定リンク | コメント (13) | トラックバック (0) | Mobile

2006年10月25日

バラアイコンナンバーポータビリティ(MNP)スタート

ニュースなんかを見ていると、マスコミが取り上げて話題にしてるほどにはユーザーの移動は活発でない様子。それもそうか、キャリアが変わればそれに合わせて端末を換えなきゃならないから費用が結構なものになっちゃう。

ソフトバンクの超複雑な戦略も、各社がまとめてくれたのでご紹介。
ソフトバンクの「予想外割」は本当に安いのか(ケータイWatch)
ソフトバンク「ゴールドプラン」は実際4905円? いやいや本当に2880円で済む“裏技”アリ(デジタルARENA)

●新スーパーボーナス契約と同時に自動適用になるサービス
・パケットし放題
 パケット料金定額サービスで、基本料金は月額1029円。1パケットにつき0.084円で、PCサイトブラウザ利用の場合の上限は5985円、高速通信規格「HSDPA」対応スマートフォン「X01HT」を利用した「PCサイトダイレクト」の場合は上限10290円となる。

・スーパー安心パック
 故障などの際の修理代金を100%割引する「WIDEメンテナンスサービス」や、盗難・紛失・全損・水濡れなどのトラブル時に同一機種を手ごろな価格で購入できるという「SAFETYリレーサービス」などといったサービスをパックにしたもの。月額498円。

・スーパー便利パック
 3分までの伝言を30件まで1週間預かってもらえる「留守番電話プラス」や、通話中に他の人に電話をかけ、最大6人まで同時通話できる「多者通話」、通話中に新たにかかってきた電話を受けられる「割込通話」、携帯電話のアドレス帳を専用のバックアップサーバーに預けられる「S!アドレスブック」といったサービスをパックにしたもの。月額498円。

てなわけで、自動適用のサービスがある(最大2〜4ヶ月無料有り)ので、最初は0円、3ヶ月目から徐々に月額が増えて、5ヶ月目には4,905円になる、と。で、この記事ではメールやWebサービスを利用するための「S!ベーシックパック」の315円が外されているので、普通に使おうとするとそれを加えて5,220円かな?
つまり、月額2,880円で「通話¥0、メール¥0」という環境は、メールはソフトバンク同士のSMSと電話番号を使ったMMSの2種類と、通話はソフトバンク同士で21時〜25時以外の時間帯限定(21時〜25時は200分まで無料)ということ。

 投稿者 hash : 12:19 | 固定リンク | コメント (15) | トラックバック (0) | Mobile

2006年10月24日

バラアイコンソフトバンク、「予想外割」発表。

ソフトバンク、通話とSMSが0円の「ゴールドプラン」と「予想外割」を発表(ITmadia+Dモバイル)

ゴールドプランは、「新スーパーボーナス」(詳細は10月26日に発表)に契約したユーザーのみが加入できる、月額基本料9600円の料金プランで、無料通話はないものの、ソフトバンク携帯間の通話や国内向けSMSが無料という特徴を持つ。(ITmadia+Dモバイル)

なんか安直な名前だなぁ(´・ω・)わかりやすいけど。
他社の割引を引き継いでさらに税込210円値引きってインパクトはかなりありますね。

ただ、他キャリアへの通話には所定の通話料がかかるほか、ソフトバンク間の通話も午後9時から午前0時台の通話には200分を超えると30秒毎に21円課金される。テレビ電話は他社の携帯電話・PHSあて通話料の1.8倍になる。S!メール(3.15〜210円/1通)やパケット通信料(0.21円/パケット)も別途かかるなど、単体で見るとそれほど大きな特徴はない。(ITmadia+Dモバイル)

んー、既存ユーザーのメリットがイマイチ見えてこない気がするのは気のせい?
6つの予想外??ソフトバンク孫社長の秘策
読んでも正直よくわからないんですが、

Yahoo!BBがやったことを携帯の世界に持ち込む

いやいやいやいや、ボーダフォンを買収した時に、Yahoo!BBのような値下げ合戦はしない、って言ってませんでしたっけ?・・・あ、明言を避けただけだった。

情報が錯綜していますが、とりあえず疑問点書き出してみましょうか。
  • 「新スーパーボーナス」の詳細(→26日に発表)
  • こないだ「旧スーパーボーナス」に契約した人の移行は?
  • 「予想外割」の70%OFFは何ヶ月続くのか
  • スーパーなんとかパックはやっぱり必須?
  • 「新スーパーボーナス」で契約年数をリセットするつもりは?
  • 無料通話分なくして基本料金比べて、数字のマジック?

とりあえず26日を待とう。

 投稿者 hash : 12:11 | 固定リンク | コメント (79) | トラックバック (0) |

2006年9月28日

バラアイコンなにやらボーダフォンに異変

ボーダフォンが配布している総合カタログの9月号があれば見てみてほしい。関東・甲信版では「料金・サービス」のページが大きく変わっているのだ。一体何が起こったのだろうか。

と始まる「ITedia+Dモバイル」の記事

確かに9月に始まった「スーパーボーナス」の事は知ってました。
2年契約をすることで端末本体の代金を分割にして月々の料金に乗せつつ、同等の額を割り引きますよ。ただ分割=ローンなので何が起きても最後まで支払ってもらいますよ。2年契約の解約には違約金が発生しますよ。だったかな。と思ってスーパーボーナスのページ見ると、途中解約の解除料の記載がないな。解除料は「年間割引」と「ハッピーボーナス」だけですね、スミマセン。で、ユーザーのメリットは何なんだと読むと、

端末購入時に約1万円の値引きがあることと、新規契約なら2カ月間はまったく料金を払うことなく通話とパケット通信が利用できること、分割払いを選べば、実質的な支払額は現状とほとんど変わらないことなど、スーパーボーナスには一見お得に感じられる要素もなくはない。

とあるものの、

しかし、2年(正確には2年3カ月)より短い期間で機種変更をすると、分割払いを選んでいる場合は端末代金の残りの部分も支払わなくてはならなくなるという落とし穴がある。また水没などで携帯を壊してしまった場合にも、壊してしまった機種の残りの代金を支払う必要が生じる。制度をよく理解せず、勧められるままに契約すると、機種変更したくなったときに後悔する可能性もあるわけだ。

と、安易に考えてると落とし穴もありそうだ。

2ちゃんねるにもスレッドが立って話題になっており、有志による精査が行われています。新規、機種変更に関わらず、一度目を通しておくといいかもしれません。その他、検証しているサイトを紹介。

スーパーボーナスのリスクを分析(*翼あるもの*)
特別HBはスーパーボーナスとして正式サービス化(*翼あるもの*)

このグラフは、解約時のリスクを示している。マイナスになっているところは、お得度を示してある。
プラス側に傾いているのは、実際にユーザーが払わなければならない違約金である。スーパーボーナスは建前は違約金ではないが、内容は同様なので同様に扱う。この違約金から実際には得になる契約時の割引や基本使用料の割引分などを引いてみた。
すなわち、ある時点で違約金を払っても、得をした分が大きいならば、気分的には損をしている気分になっても、トータルで考えれば特になるかどうかを計算してみた。

現在俺はボーダフォンユーザーですが、MNP(Mobile Number Portability)を控えて各社検討したいというのもあって、前回の機種変更時には単年契約のプランにしていました。それでも途中解約には違約金(確か税込4,200円)が発生するんですけど、なんとも微妙なプランだな・・・。

 投稿者 hash : 12:01 | 固定リンク | コメント (15) | トラックバック (0) |