2006年9月30日

バラアイコン2006秋ドラマ

夏ドラマで最終回まで見たのは、「マイボス☆マイヒーロー」と「花嫁は厄年ッ!」でした。
・・・7月のエントリーで注目した3つが入ってねぇ!(笑)

マイボス&花嫁は、TV大好きっ子の親父のおかげで録画されていたので追いつけました。つーかあんなに録画していつ見るんだ?絶対に1日24時間じゃ足りないくらい録画してるよな(笑)
そして今回も長瀬君の演技は良かった。いい役者だ。

でもってこの秋の新番組をチェック。
Dr.コトー診療所2006公式サイト
木曜22時〜フジ系。2年ぶりのDr.コトー。これは最後まで見る。と思う。
セーラー服と機関銃公式サイト
金曜22時〜TBS系。若頭が長瀬君だったら神ドラマだったのにな(笑)でも堤さんはイイ。
役者魂! 公式サイト
火曜21時〜フジ系。ウッチャンの大嵐浩太郎思い出した(笑)

その他、人気漫画からドラマ化で注目の「のだめカンタービレ(フジ系)」や「だめんず・うぉ〜か〜(テレ朝系)」、「アンナさんのおまめ(テレ朝系)」なんかも気になります。って全部女性向けの漫画だな。あとはかなり論議を呼びそうな「14才の母〜愛するために生まれてきた〜(日テレ系)」あたりか、重すぎてしんどいかも知れないけど。

最終回まで生き残るのはどれだ!(笑)

 投稿者 hash : 12:39 | 固定リンク | コメント (212) | トラックバック (0) | DRAMA

2006年7月 4日

バラアイコン夏の新ドラマ探訪

というわけで、久々に新番組をチェックしてみました。

結婚できない男:フジテレビ系(公式サイト
今日からスタート。えー、単純にキャスティングです(笑)阿部寛さん&夏川結衣さんの時点でチェック決定。 二人の掛け合いが楽しそうなのと、最終回に待つ「結婚」に向けて、二人の変化を楽しみたいと思います。

下北サンデーズ:テレビ朝日系(公式サイト
今度は、原作:石田衣良に反応。
ドラマ「ビッグマネー」の原作者ってことで覚えて、軽くファンです。

名門大への入学を控え上京したゆいか(上戸)。自分の夢を持てず日々退屈な思いで過ごしていたが、大学の入学説明会に乱入してきた小劇団「下北サンデーズ」のパフォーマンスに大爆笑。興味を抱いたゆいかは彼らの芝居を見に下北沢を訪れ、そこで演劇の魅力に取りつかれる。(Yahoo!テレビより)

公式サイトからもドタバタ感が見えてるので、そこを楽しんでみられるかどうかって所ですかね。

不信のとき〜ウーマン・ウォーズ〜:フジテレビ系(公式サイト
有吉佐和子さんの同名小説が原作。1968年に映画化、84年に同じくフジでドラマ化されたらしい。映画は生まれる前だし、ドラマも小学生だった俺が興味示すはずは無いな(笑)
CMをぱっと見たときの印象では、米倉さんが愛人か?またこの路線か・・・とか思っちゃったんですが、実は逆。今回はまじめな正妻ということで、その辺りのキャスティングがどう転ぶか、注目しています。

正妻と愛人のバトルを客観的に見詰めるバツイチ女性を杉田かおる、不倫の達人を石田純一が演じる。(Yahoo!テレビより)

うは、ハマリ役過ぎ(笑)つーかまんまじゃん!(*゜ロ°)ノ
杉田さんの演技は心配してません、あの人ホンモンの女優さんだから。問題は久々の連ドラになる石田さんだな。でも不倫の達人役なら演技いらな(ry

超テレビっ子なので、他にもいろいろ見るんだとは思いますが、現状楽しみにしてるのはこんな感じでーす。

 投稿者 hash : 15:07 | 固定リンク | コメント (263) | トラックバック (0) | DRAMA

2006年2月 2日

バラアイコンそういえばドラマの話

今クールもいくつか続けて見ています。

「ナースあおい」
始まる前は「ナースのお仕事」石原さとみ版のような感じかと思って油断していたら、救命に3年いたというデキる看護士だったのでビックリ。その想定外の設定で、続けてみることを決めた作品。
あおい自身の過去も気になるが、西村雅彦演じる医師が謎っぽくていい。

「アンフェア」
こっちのストーリーは想定内。基本的に刑事モノ好きなので見始めたんだけど、謎を残しながら進んでいくストーリーは目が離せない。中盤からどんどん怪しい人物が増えていく。

「小早川伸木の恋」
ストーリーも設定もそれほど複雑じゃない。優秀な外科医が若い女性と恋に落ちる。でも見所はそこじゃない。
真の見所は、片瀬那奈さんの壊れっぷり!マジ怖いです(笑)

「功名が辻」
やっと一豊と千代が一緒になったし、面白くなるのはこれからですね。
なのですが、どこかでも書かれていましたが柄本さんの秀吉に違和感を感じまくりです。演技に文句はありません。でも違和感ありまくりなんです。しかもソコソコ近い存在に香川照之さん(「利家とまつ」で秀吉役)がいて、まだ切り替えられていません(笑)

そんな感じで〜す。

 投稿者 hash : 15:11 | 固定リンク | コメント (522) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年12月27日

バラアイコン嬢王 最終話

リアルタイムに見た割に感想が遅くなってしまった最終話ですが、終わってみて、12話って結構短かったなぁ、と。まぁ実際1話約28分の構成でしたから、内容的にも駆け足になっていた印象。

さすがテレビ東京が力を入れただけのことはあって、彩、静香、亜莉沙、麗華、メグのキャラがしっかりしてた気がします。おっと忘れちゃいけない真帆の存在。あの黒〜い感じも良かったです。ただ、共通して言えるのはキャバ嬢には見えなかったこと(笑)まぁそれはドラマだから良しとしましょう。

お色気シーンについては、流石テレビ東京という感じで最初のうちは喜んでいたんですが(笑)、中盤以降は無理矢理なシーンが目について、ドラマの世界にストンと落ちさせてくれなかったのが、俺的には残念といえば残念でしたかね、好きだけど。

R-1終了後、Q-1をぶち上げた達也。これは続編に期待してもいいということなんですかねぇ(笑)

000 嬢王 DVD-BOX

 投稿者 hash : 17:14 | 固定リンク | コメント (25) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年12月23日

バラアイコンドラマ24 嬢王 〜11話

久々に家でゆっくりできたので、かなりたまってた「嬢王」をまとめて観ました。

彩のライバルが次々にタイマン勝負に出て消えていく中、No.1をひた走る亜梨沙だけはなんか様子が違う。客をかばって飲み過ぎた事をバラしてみたり、彩が監禁された時もアシストしてるし。トドメは実家のお母さんへ電話するシーン。ちょっと好感度アップじゃないですか?(笑)
とはいうものの、今日の最終回ではその亜梨沙との一騎打ち!

もちろん録画もしますが、最終回なのでリアルタイムに観たいと思ってま〜す。

 投稿者 hash : 22:37 | 固定リンク | コメント (15) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年11月22日

バラアイコンちょっと泣きそう・・・

ホントはタイトルに「ドラマ24 嬢王 第7話」と書きたかった。
昨日夜、仕事から帰って、さぁCMカットして見よう!と思ったら、無い。どこにも無い。
第7話が無い・・・orz なんで録画に失敗してるんだろう・・・。

しょうがないから公式サイトであらすじだけでも見ておこう・・・。

うぉ!DVD化が決定したらしいです。
2006年2月24日発売だそうです。
近日中に公式モバイルサイトで特典付き完全限定先行予約を開始らしいです。

特典ってなんでしょうねぇ・・・とりあえず、モバイルサイト登録だけしておきますか!

 投稿者 hash : 21:06 | 固定リンク | コメント (8) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年11月13日

バラアイコンドラマ24 嬢王 第6話

そりゃ背中に般若背負ってる女性はキツイよねぇ、西田クン。
そういえば俺の知り合いに般若あっても平気な顔で抱けそうな人物いるな(笑)

すっかり真帆に取り込まれちゃってる彩。今後も前途多難。
あ、そういえば静香のバニー姿にはちょっと笑った(ゴメン)グラマー過ぎ。

えーっと、尾崎はクラブピアノの乗っ取りを企んでいるんでしたっけ?

「嬢王」公式サイト(テレビ東京)

蒼井そらブログ「今日のSOLA模様」
吉沢明歩ブログ「あっきっ記」
飯沢ももブログ「今日もピーチフルなモモちゃん日記」

 投稿者 hash : 22:55 | 固定リンク | コメント (12) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年11月 7日

バラアイコンドラマ24 嬢王 第5話

えーっと・・・
今回はテレビ東京の気合いを感じた!
何がって冒頭のおっp(ry3連発が(笑)
つーかこんなに脱げる女優さん集めてると思わなかった。

なるほどぉ、コミックの方でまだ終わっていない嬢王決定戦「R-1」をドラマで終わらせようとするとこんな風になるってことか?
真帆さん(なんか「さん」付け)絡んできて彩と組んだりなんか企んでたり、展開がめっちゃ早い。あー、自分が男と寝るところを彩に見せるってのも読んだ読んだ。

なんか、原作をしっかり知ってるわけでもなく、全く知らないわけでもない今のこの状況が、このドラマを余計に気になるモノにしてるんだろうな、きっと。
次回は尾崎登場。彩が惚れるんだったっけ、これまた曖昧な俺の記憶(笑)
どうなることやら・・・。

「嬢王」公式サイト(テレビ東京)

4088767764嬢王14088768140嬢王24088768744嬢王3

 投稿者 hash : 00:55 | 固定リンク | コメント (11) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年10月31日

バラアイコンドラマ24 嬢王 第4話

お金なんかじゃ心は買えません。
心を引き寄せるのは・・・心だけです!

ベタな台詞だけど彩だから許す!(笑)

本編の方はR-1開幕。新キャストも登場して盛り上がってきました〜♪
メグにゃんこと望月メグ(吉沢明歩)
ヤンキー麗華こと如月麗華(飯沢もも)
そして銀座伝説の女、橘真帆(麻丘実希)が登場。

それぞれいい味出してますね。1週遅れで参戦の真帆が来週のポイントか、真帆絡みは何度かビジネスジャンプで読んだなぁ。彩の味方っぽい感じから、いきなり本性表す感じだった気がするけど、ドラマの方はどんな真帆なんでしょうね。

男性陣では、達也(金子昇)もいいんですが、兄の慎一(元木行哉)がダメっぷり満載で良かったな。

「嬢王」公式サイト(テレビ東京)

4088767764嬢王14088768140嬢王24088768744嬢王3

 投稿者 hash : 00:12 | 固定リンク | コメント (213) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年10月23日

バラアイコンドラマ24 嬢王 第3話

亜梨沙の策略でエロ客につけられて失敗してしまう彩、亜梨沙への復讐心から彩に金を使う大神。彩の誠実な接客に徐々に惹かれていく大神・・・とか思ったら酒になんか入れたのかよ!!

どーなる彩!

「嬢王」公式サイト(テレビ東京)

二階堂亜莉沙役で出演中の蒼井そらさんのブログ

4088767764 嬢王1 ヤングジャンプコミックス

 投稿者 hash : 15:47 | 固定リンク | コメント (10) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年10月21日

バラアイコンドラマ24「嬢王」第2話

随分遅くなっちゃいましたが3話が放送される前に2話の感想を。

1話で「ヅラつけるのかよ!!orz」とツッコミを入れたわけですが、結局ヅラは無しで行くことに決めたみたいです。素の自分で勝負するとかそんな流れ。

入店の条件だった「場内指名10本」は達成できなかったものの、熱意で押し切って翌日には指名殺到、客に対する誠実な対応で人気を取っていく
なんかね、1話で感じた違和感みたいなのがかなり薄れた印象。北川弘美さんの演技が微妙なのが素人キャバ嬢らしく見えて来るというか何というか(笑)その分、蒼井そらさんの二階堂亜莉沙のワル〜イ感じと絡み合うときにいい感じなんだけど、いかんせんNo.1っぽくないんですよね、亜莉沙。

とはいえ、盛り上がりはまだまだこれからでしょうから、期待も込めて楽しく観たいと思います。
3話で「Club PIANO編」が終わって、いよいよ「R-1」に突入ですかね。そうなればまたいろんなキャストが登場しますし、ぉ、なんか書きながら楽しみになってきたー(笑)

「嬢王」公式サイト(テレビ東京)

二階堂亜莉沙役で出演中の蒼井そらさんのブログ

4088767764 嬢王1 ヤングジャンプコミックス

 投稿者 hash : 19:27 | 固定リンク | コメント (18) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年10月12日

バラアイコンドラマ24「嬢王」第1話

ん〜、なんというか、テレビ東京ガンバレ!超ガンバレ!

原作のイメージも大事だけど、それはそれ。ドラマ化の時点で、視聴者もいくらか覚悟するわけですよ。
その上で楽しもうとしてるわけですよ。主役の藤崎彩がショートであることとか・・・・・。

ってヅラつけるのかよ!!orz あ、ウィッグっていうんですか?アレ。
もうちょっと違和感無く付けられそうなもんだけどなぁ。メイクさんガンバレ!

原作が終わっていない中、ドラマがどういう地点に着陸するのか興味があるので、キープだな。
テレ東らしく(?)予告にお色気シーンあったしね!(笑

「嬢王」公式サイト(テレビ東京)

歌舞伎町のNo.1、二階堂亜莉沙役で出演中の蒼井そらさんのブログ
ドラマのことについても書いてくれています。

 投稿者 hash : 11:47 | 固定リンク | コメント (532) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年10月 3日

バラアイコン10月新ドラマ探訪

10月に入ったし、自分用も含めてまとめてみようと思う。
俺的に一番の注目は、テレビ東京系「嬢王」。
ビジネスジャンプ連載中の、キャバクラを舞台にしたコミックのドラマ化。
「ネオン街モノ」で定評のある倉科遼さん原作で、なかなか面白いんですよね、まぁ、綺麗なオネーサンが見られるってだけで充分なわけですが!(笑)

4088767764 嬢王1 ヤングジャンプコミックス

公式サイトにもありますが、制作発表記者会見でのコメントで、

テレビ東京が久しぶりに本格的な連続ドラマに取り組んでいこうという『ドラマ24』という枠の1本目のラインアップ(岡部プロデューサー)

と、局も力入ってる模様なので、期待age。

続いての注目は、ブログから書籍化を経てドラマ化の「鬼嫁日記
何度かブログを読んだことがあってとても楽しかったので、ドラマにも期待しています。

434499003X 実録鬼嫁日記―仕打ちに耐える夫の悲鳴
世の不幸を一身に背負ったような一馬なのですが、実はちっとも不幸だとは感じていません。一馬はそんな早苗の性格を承知の上で結婚したのです。ちょっと目に余ることもあるものの、一馬は早苗を深く愛していて、彼女の最大の理解者でもあるのです。(公式サイト番組紹介より)

ドラマでも一馬の愛情を感じられる作品になるらしい。なんかいい、ほのぼのしそう。きっと笑うけど。
せっかくなので本家「実録鬼嫁日記」にもリンク張っちゃおーっと(笑)

他に気になるのは、とりあえず伊藤美咲さんの月9「危険なアネキ」と「大奥〜華の乱〜」かなぁ。
ドラマではなくアニメですが「エンジェルハート」も気になります、でもこっちでは放送され無さそうな予感・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

 投稿者 hash : 14:44 | 固定リンク | コメント (13) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年6月17日

バラアイコンドラマ中間満足度「タイガー&ドラゴン」が1位!

現在放送中の連続テレビドラマの中で、最も視聴者の満足度が高いドラマは『タイガー&ドラゴン』であることが、オリコンの自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】のインターネット調査で明らかになった。
この『タイガー&ドラゴン』は、放送前の期待度、放送直後の同調査においても、1位、2位を獲得しており、見れば見るほどその世界にはまりこむ宮藤官九郎の魅力が示される形となった。(オリコン)

ハイ。毎週毎週楽しく見てますよ「タイガー&ドラゴン」この間、録画してある2話、3話辺りを見てたんですが、一度見ててもやっぱり面白い。落語とシンクロしたストーリーだからドラマにも「下げ」があるんですよね。

主演者全員のキャラがしっかり立ってるのもクドカン脚本の見所だと思います。今あんまりないですよね、あそこまで細かくキャラ作ってるドラマ。タレントありきに傾いちゃってて。
あとは、やっぱり本職の落語家が混じってることでしょうか。春風亭昇太さんと笑福亭鶴瓶さん。特に8話で小虎の代わりに高座に上がった鶴瓶さんは面白かったもん。ちょっとぐぐってみたら、お二人は「六人の会」で一緒なんですね。次世代を担う落語家ユニットだそうです。

とまぁ、しっかりハマっちゃってるhashですが、もっと濃い感想文を読みたい方におすすめなのが、「ほぼ日テレビガイド」業界の中の人がどんな風にドラマを見てるかってのが一般ピーポーにとっては面白いところでしょうか。

 投稿者 hash : 17:47 | 固定リンク | コメント (14) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年5月16日

バラアイコン不機嫌なジーン DVD-BOX

随分先の話ですが、発売が決定してましたのでご紹介。

不機嫌なジーン DVD-BOX
2005/7/29発売予定

最終回のあのシーンは何度観てもグッと来ます。

 投稿者 hash : 10:35 | 固定リンク | コメント (17) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年4月20日

バラアイコン春の新ドラマ、続々とスタート

akindoh氏がやってたんで、俺もやってみます。
今クールの注目は、正月特番で見た後に「連続ドラマで見てみたい」と思った

タイガー&ドラゴン
これまでクドカンドラマ見てこなかったんですが、正月特番は面白かったです。

対抗としては、「姉さん」という言葉が良い意味でハマる天海祐希さん主演の

離婚弁護士2〜ハンサムウーマン〜
前回何話か見逃してるんですよね、DVD-BOXも出てるし、そのうちチェックするか。

そして、第1話を見て、何かやってくれそうだと思ったのが

恋におちたら〜僕の成功の秘密〜
もっと泥臭い成り上がりを想像してたので、なんか主人公がスーパーマンだったのが面白かったです。

なんか被っちゃってますね、akindoh氏と(汗
あんまり見るドラマ増やすといろいろと大変なんですが(前クールのドラマ、まだ処理し終わってないし)、「anego」とかも気になってたりします。なぜか今回の月9「エンジン」には心引かれなかったんですよね。

あとは、ドラマじゃないけど声優陣一新で生まれ変わった「ドラえもん」とか。

 投稿者 hash : 20:13 | 固定リンク | コメント (487) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年4月17日

バラアイコン不機嫌なジーン 最終話

いやぁ、やっぱり泣かせたら完璧ですね、竹内結子さん。
遊園地で久しぶりに再会したのにそのまま別れ。めっちゃ切ないですやん、そりゃオーストラリアについて行かなかった時点でなんとなく予感はありましたけども。

「さよなら」
「これで終わり?」
「終わりだ」
「そんなのないよ、せっかく携帯買ったのに」
「せっかくだ、使いこなせ」
「戻りたい、教授の事が好きだっただけの自分に・・・」
「もう戻れない」

テキストにするとイマイチ伝わりませんが、泣いたね。ここから後はまぁ、余韻みたいなもんですが、実は最終話を見る前に、第一話を間違えて起動して冒頭だけ見たんですが、そこで気付いちゃったんですよ、携帯持ってる事に・・・。

本編10話までの時点では仁子は携帯持ってないですからね。「アレ?」っていう思いと同時に、ラジオから流れてくる曲で泣いてるじゃないですか、「あー、ハッピーエンドじゃないのを覚悟しないと行けないのか」と。もしくは南原死んでしまうのか?と。

で、最終話見始めて仁子が携帯持ってて、機種がさっき見た第一話冒頭の機種だったわけです。その上であのシーンを見ても、しっかり泣けたわけです。

竹内さんの次回作、期待しましょう。

 投稿者 hash : 17:40 | 固定リンク | コメント (15) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年4月14日

バラアイコンすいません、今頃見てます(>_<)

なにを?って竹内結子主演「不機嫌なジーン」です。なんだかんだで後回しになってました。一昨日7話、昨日8、9話と見まして、今日はどうにか最終回を迎えられそうです。

仁子と南原がいい感じに盛り上がっていく中で徐々に明らかにされていく南原教授の過去。そこに公私ごちゃ混ぜで割り込んでくる勝田との対決。

有明海の干拓事業ってリアルな問題ですし、ドラマにするのも大変だったんじゃないかと思うんですが、どういう結末になっているのか、非常に楽しみです。

 投稿者 hash : 12:32 | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年3月18日

バラアイコンドラマの喫茶店オープン「優しい時間」の富良野に

親父が見始めて、今では俺もしっかり見ている「優しい時間」
さすがは「富良野塾」というニュース

放映中のテレビドラマ「優しい時間」(フジテレビ)に登場した北海道富良野市の喫茶店「森の時計」が19日、一般向けにオープンする。撮影の終わったロケセットをそのまま使用、新しい観光スポットとして人気を集めそうだ。
原作・脚本は「北の国から」に続いて富良野を舞台に選んだ倉本聡さん。寺尾聡さん演ずる喫茶店のマスターと、息子とのきずなの再生を描き、24日に最終回を迎える。
ドラマの中では、客が自分で好みのコーヒー豆をひいていたが、オープン後も、同じようにしてドラマの雰囲気を味わえるようにする。(共同通信)

中途半端なセットじゃないところはさすがですね。でも、店内の壁にドラマのポスターや撮影風景の写真とか貼りすぎないようにして欲しいですね。俺のささやかな願い。

ところで、うちにも知人から頂いた手回しミルがありまして、たまに自分で挽いたりします。味が違うんですよね、やっぱり。雰囲気もあるとは思いますが、自分の手で挽いて、自分の手でドリップしたコーヒーって格別です。ブルーマウンテンをブラックで。

あぁ、コーヒー飲みたくなってきた。

 投稿者 hash : 17:08 | 固定リンク | コメント (10) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年2月22日

バラアイコン不機嫌なジーン 第6話

先週ギクシャクし始めて今週あっさりと別れてしまった仁子と健一クン。仁子の部屋のシーンは切なかったですねぇ。やっぱ泣く演技上手いよなぁ。こっちまで泣きそうでした。

そんな中、初回からチラチラと出てきていた諫早湾の件についても、ストーリーが動き始めました。動物行動学の権威でありながら堤防建設の側にいたらしい南原教授。フジテレビがこの問題に対してどんな描き方をするのか、楽しみに見守りたいと思います。

 投稿者 hash : 09:35 | 固定リンク | コメント (22) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年2月16日

バラアイコン不機嫌なジーン 第5話

今回のクライマックスはなんといっても仁子に母親から電話がかかってくるシーン。ドラマとわかっているのにこっちまで泣きそうになりましたよ!あの演技見られただけでもう満足です。

ストーリーの方は、てんとう虫とドローに終わった健一君がどういう行動に出るのか、同級生にコロッといっちゃうのか、見守りつつ、なにやら怪しいオダギリジョーに注目しながら追いかけたいと思います。

 投稿者 hash : 17:39 | 固定リンク | コメント (283) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年2月 9日

バラアイコン今度こそ、不機嫌なジーン 第4話

なんか特に感想無いんだよな、正直。最終的にケンイチ君とはうまく行かなくなるみたいなので既に切なくなっているhashです(笑)
とはいえ、ゲンゴロウ捕りの作業モードな衣装から、パーティドレスまでいろいろと見られて、しかも今回は水まで被っていただいて楽しめたからいいか。あの無邪気な仁子には惚れるね。

 投稿者 hash : 09:36 | 固定リンク | コメント (14) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年2月 8日

バラアイコン不機嫌なジーン 第4話

は、まだ見てません。ので、一昨日やっと見た「87%」第4話の感想を。
何よりも自分自身に対して誠実であろうとすればするほど、現実とのギャップに苦しむ晶子。今回その晶子を救ったのは、黒木先生でも宇月先生でもなく、今井雅之さん演じる川上でした。ホームで見送るシーン、泣きそうでしたよ、俺。やっぱいいなぁ、今井さん。予告見ると次回もなんかかっこいい台詞を吐いてくれそうな感じだったし。うん、楽しみだ。

今日は必ず見ます、ジーン。

 投稿者 hash : 16:27 | 固定リンク | コメント (9) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年2月 1日

バラアイコン不機嫌なジーン 第3話

んー。ここに来て、いわゆる「月9」っぽさが押し出されてきた感じ?
この際、ストーリーについては何も言うまい(笑)
ところで、オダギリジョーはどこへ?

 投稿者 hash : 17:24 | 固定リンク | コメント (22) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年1月27日

バラアイコン87% 第3話

日本テレビドラマ「生存率」の表記削除というニュースが出ましたので、このエントリーのタイトルからも外してみました。 で、第3話、早速先週の嫌な予感が的中し、今井雅之さんがすい臓ガンと診断されてしまいました。自分の乳ガンで大変なときにこの騒動。来週はどうなってしまうんでしょうか。

印象に残ったシーンはやっぱり蒼太の父親が長井秀和だったこと蒼太の父親の奥さんと対峙する場面。お約束の展開とはいえ、かっこよかったです。

 投稿者 hash : 16:50 | 固定リンク | コメント (29) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年1月26日

バラアイコン不機嫌なジーン 第2話

今回は仁子と健一のキス未遂シーンが面白かったかな。心の声が聞こえる描写は楽しかったです。この2人、今後どうなって行くんでしょうねぇ。南原教授は手強そうだぞ、健一クン!

 投稿者 hash : 19:01 | 固定リンク | コメント (8) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年1月21日

バラアイコン87%〜私の5年生存率 第2話

出演者の演技力もあり、かなり感情移入しながら見ています。
2話終わった段階で伏線がかなり出ていますので、とっても内容の濃いドラマになるのかな、と思いつつ、第2話で気になったところを挙げてみます。

・本木さんの奥さんの時に何があったのか。
・相川七瀬さんは今後どう絡んでくるのか。
・今井雅之さんは3ヶ月以内に癌が発覚するのでは。

こんな感じでしょうか。

そして、もっとも印象的だったシーンは第2話ラスト、本木さんの台詞

もし、死ぬんだったら、他の理由で死んでください・・・

うわぁぁぁぁ・・・・・と数秒固まってしまいましたよ。

 投稿者 hash : 12:52 | 固定リンク | コメント (306) | トラックバック (0) | DRAMA

2005年1月18日

バラアイコン不機嫌なジーン 第1話

注目していたドラマですからね、なんとかその日のうちに見る事ができました。竹内さんは当然キレイだったんですが、内野さんのハジケっぷりが楽しかったです。内野さんのイメージとしてああいうキャラはなかったので。

全体的に流れるテンポが気持ちよく、それでいてところどころに少し緩やかになる部分(ひなが卵から孵るシーン、諫早湾のシーン、etc)があり、緩急を感じるいいスタートだったと思います。ま、どう転んでも見続けるんですけどね(笑)

今回は顔見せだけでしたが、オダギリジョーの絡み方が楽しみですねぇ、なんか内野さんと因縁ありそうでしたし。

第1話でもっとも印象に残ったシーンは、ハルクホークが戻ってきて仁子が泣くシーン。子供みたいに泣いてる竹内さんが良かったです。

 投稿者 hash : 00:45 | 固定リンク | コメント (14) | トラックバック (0) | DRAMA